FC2ブログ
C'EST LA VIE
夫婦二人気ままなヨーロッパ自転車旅行記
プロフィール

リットンマニア

Author:リットンマニア
結婚して3年、行けなかった新婚旅行が自転車でヨーロッパ、そしてバックパックでアフリカを回る旅になりました。ちなみに2人とも初自転車旅行&初長期旅行!どうなることやら。。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフィア Sofia, Bulgaria
さて、マケドニアのオフリドで湖の湖畔でゆったりした時間を過ごした僕らは、夜行バスに乗り(最近地図で山があるとビビってすぐバスにしてしまう軟弱な僕らです。)ついたのはブルガリアの首都、ソフィア。

その前に、オフリドでの素敵なサンセットの写真をどうぞ。
R1017744[1]

そして、夜7時のバスに乗り7時間かけソフィアへ。

いつもそうなのですが、バスチケットを買うときに「自転車は載せれるか?」とカウンターで聞くと決まって答えは「バスドライバーに聞け」と非常に冷たいのです。しかし、前もってバスチケットは買わないと駄目だし、結構バスに乗るときは2人ともナーバスになってしまいます。

最悪だったのは、サラエボ⇒ドブロブニクのバスに乗ったとき。いつものようにバスを待って、バス運転手に自転車があることをアピールすると、ボスニア語で「自分でこいでいけよ!」と言わんばかりのジェスチャー。切れそうになるけど、そこは抑えて何度も懇願し、結局いつもの通り少しのチャージで載せてくれます。だったら最初からそうしてよ!と思うけど、そうならないのが世の常。

でも、今回は積んだもの勝ち、とさっさと自分で載せちゃったのでNo problem。これくらいのサイズのバスなら満員でない限り必ずスペースはあります。
R1017751[1]

自転車でヨーロッパを周ろうと思っている方。僕らの経験上、粘ればどんなところでもバスの自転車積載OKです。ただ、ハイシーズンの様子は分かりませんが。

そして、1時間の時差があり、ソフィアに着いたのが現地時間の午前4時くらい。ソフィアは余り治安が良くないと(スリは本当に多いそうです。)聞いていたけど、犯罪も起こらないような早朝だったのでホステルまでの道のりも問題無かったです。

ホステルがまた素敵な雰囲気。その日は一杯だったので、ロビーみたいなところで昼まで寝て待ち、ようやく部屋に入れました。さすがに早朝なので誰も居ません。。
R1017754[1]

明日は、用事がありソフィアの日本大使館へ行く予定。ブルガリアにリラの僧院という一番の見所もソフィアから1日のツアーがホステルから出ていて、それはその次の日かなーと思っています。

ソフィア自体あんまし見所は無いみたい。。

マニア
スポンサーサイト


コメント

私がすごい期待してた寛平ちゃんのマラソンに合流がかないそうでなにより。すごい、期待してます!v-22ねこやんより。
[2009/11/16 05:04] URL | ねこやん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kuyamania.blog58.fc2.com/tb.php/92-46cab2f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。