C'EST LA VIE
夫婦二人気ままなヨーロッパ自転車旅行記
プロフィール

リットンマニア

Author:リットンマニア
結婚して3年、行けなかった新婚旅行が自転車でヨーロッパ、そしてバックパックでアフリカを回る旅になりました。ちなみに2人とも初自転車旅行&初長期旅行!どうなることやら。。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1992 - 1995 Sarajevo
先日書いたとおり、wi-fi装備のモダンなカフェでブログを更新した後、戦争時唯一の外の世界との接点だった800mのトンネルを見学しました。

ガイドは、34歳と僕とほとんど変わらない年のサラエボ出身の青年。

彼は16歳の時に戦争が始まり、自分が生まれ育ったサラエボの町を守るために軍に入隊。

そのガイドからの紛争の様子を簡単にまとめると

・民族浄化(イスラム教の排除)を掲げたセルビア人のミルシェビッチの指示により、イスラム教住人がほとんどのサラエボが標的に。
・1992-1995の間はサラエボを囲む360度の山々がセルビア人の軍隊によって包囲され、そこからスナイパーによる銃撃と、爆撃により一般市民11,000人以上が死亡。多くは食料などの物資を求め外に出た際に攻撃をされた。サラエボ住民は突然の包囲で軍隊も、武器も何もなくただの市民が戦ったと言っていた。
・そのとき国連を含む国際社会は食料支給などの人道支援はしたが、戦争を止めることはしなかったこと。

など、いろいろ実体験を聞いたが、日本にいたとき僕はそのときちょうど中学~高校生だった頃。そんな”実感”がある最近にこのような無防備な市民を片っ端から殺していくということが起こったこの世界にショックを受けました。しかも、世界の果てのような場所で起こったのではなく、その戦争の8年前には平和の祭典オリンピックが開かれたような都市で起こったこのやりきれなさ。

前置きが長くなりましたが、そんな戦時中に唯一の外の世界との窓口だったのが今日見学した秘密のトンネルです。

一般住宅の地下に掘られたトンネル。
R1016978[1]
内部の様子。
R1016981[1]

このトンネルにより、食料、武器などの援助物資がサラエボに届けられたそうです。

そのガイドに「もしセルビア人にサラエボが降伏してたらどうなってた?」と聞いたところ、50万人の市民すべてを殺していただろうと答えていました。

やっぱり実体験などを聞くと本当にいろんなことを考えさせられます。普段戦争などに興味のないR子もなにやらネットでこの紛争について調べていました。。


とまぁシリアスな気分になった後、ホステルに戻り、先日仲良くなったアメリカ在住メキシコ人と街をぶらつくことに。

そして、LonlyPlanetに載っていたUnmissableのバーへ。

そこでの2人。
R1016992[1]

その後、イスラムの水タバコを体験。本当に甘いにおいで、一緒に飲む紅茶に砂糖がいらないくらい。
R1016998[1]

さらにその後、久しぶりの立派なレストランでの食事。どれもかなりうまかった~。
R1017007[1]

なんだか充実した1日でした。

今日ももう1日サラエボStay。天気は微妙。暖かいアドリア海が恋しくなってきました。

マニア



スポンサーサイト


コメント
サラエボトンネルの切手
サラエボトンネルをキーワードにこのブログを拝見。
サラエボトンネルを描いた切手が発行されています。
このトンネルが何かを調べるのに、苦労しました。
苦労して、クロアチア語などのサイトを機械英訳して情報を得て、
趣味の切手の会の会報に記事を載せました。
記事の一部は以下のサイトに公開してあります。

http://homepage3.nifty.com/elestamp/RailwayStamp2005.htm

そうして、最近、毎日新聞にサラエボトンネルが紹介されたので、
日本語で、WEBを検索して、驚いています。
多くの日本語のサイトに紹介されていたからです。
[2010/03/31 17:29] URL | bemsj #oiXQtQYI [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kuyamania.blog58.fc2.com/tb.php/83-c7242ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。