FC2ブログ
C'EST LA VIE
夫婦二人気ままなヨーロッパ自転車旅行記
プロフィール

リットンマニア

Author:リットンマニア
結婚して3年、行けなかった新婚旅行が自転車でヨーロッパ、そしてバックパックでアフリカを回る旅になりました。ちなみに2人とも初自転車旅行&初長期旅行!どうなることやら。。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コテコテ! シャンルウルファ Sanli Urfa
現在バスでトルコ周遊中の軟弱自転車旅人、マニア夫妻でございます。

さて、ドゥバヤズットから12時間ほど快適なバスに乗り(と言っても、道が工事中で非常に悪かったので、今回はそう快適では無かったが。)、着いた街はシャンルウルファ。現地の人は簡単にウルファと呼んでいる、非常に歴史ある街。

夜中の2時半に着き、しまったと思ったけど、パトカーがホテルまで運んでくれました。タクシー代浮いた。。申し訳ない。。

次の日いつもの様に、さっそく街ブラしました。僕らのホテルの辺りは結構近代的な町並みで、「シリア近くでも大都市はこんな感じか~」と思っていたら、マーケットに近づき分かりました。

この街はかなりコテコテの中東テイスト!!

熱気までは写真じゃなかなか伝えづらい!注目すべきは、中央のおじさん。男性でもスカーフを巻き、だぼだぼズボンを履いてます。
R1019670[1]

なかなか正面では取れなかったですが、後ろ姿!日本で言えばかなり上級クラスのお洒落さんです。
R1019784[1]

スパイスエリア。
R1019662[1]

肉もぶら下がってます。
R1019673[1]

パン屋のお兄ちゃんたち。カメラを持って歩いていると、みんな撮って撮ってとせがまれます。
R1019675[1]

とにかく、この街は活気があり、人々が「生きている」って言うのを実感できる街です。イスタンブールのマーケットよりもっとリアルなバザールと言った感じで、日本にこういう場所が本当に少ないのはちょっと悲しいです。(アメ横をもっとコテコテにした感じ。)

そして、この街の売りはこの鯉達。イスラム教の聖なる池に住む聖なる鯉達。聖なる鯉でも多すぎでしょ。
R1019691[1]

聖なる鯉なのに餌に取り乱しております。
R1019695[1]

そして、丘の上の城からの街のながめ。
R1019712[1]

マッチ箱の役目。
R1019725[1]

夜は屋台のケバブ屋で。師匠と弟子です。仰ぎ方がまだまだ甘いとのこと。
R1019767[1]

イスタンブールに戻る都合もあり、結局このトルコのなにわことウルファ(勝手に命名)に4泊することにしました。

次回はこのウルファから1時間ほど行ったところにある、ハランという特徴的な村を紹介します。

マニア
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kuyamania.blog58.fc2.com/tb.php/120-3a12b81b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。