C'EST LA VIE
夫婦二人気ままなヨーロッパ自転車旅行記
プロフィール

リットンマニア

Author:リットンマニア
結婚して3年、行けなかった新婚旅行が自転車でヨーロッパ、そしてバックパックでアフリカを回る旅になりました。ちなみに2人とも初自転車旅行&初長期旅行!どうなることやら。。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Party, party, party... in Varna
ブルガリア、黒海沿岸を南下中のマニアです。

バルナ、ブルガリア第2の都市ですが、ここで僕らはVeliko Tarnovoで出会ったフランス人の家に少々の間居候することになりました。

彼女はここVarnaの高校でフランス語を教えていて、3泊もさせてくれた上に本当に僕らに良くしてくれました。いつかお返しをしなければ。。

その間、週末と言うこともあって毎晩誰かの家で行われるパーティにお呼ばれしたり、ディスコテック(フランス人はこう呼ぶ)に行ったりして楽しい時間を過ごしました。殆どのパーティがフランス人の集まりか、その友達の外国人達。ほとんどが、仕事や、大学の交換留学でブルガリアに居る人たちです。彼らのブルガリアに対する考えとかがすごく分かり面白かったです。(R子談:毎日フランス語が飛び交っていて私にはちんぷんかんぷんでしたが、マニアさんは普通に会話をしていてびっくり!!いいプラクティスになったみたいです)

@ディスコテック
R1018203[1]

R1018213[1]
R1018211[1]

ハウスパーティのベランダから見たヴァルナのライトアップされた街。
R1018217[1]

R子の横に居るのが、泊めてくれたエミリ。その前が、エミリの友達のセシル。
R1018220[1]

旅の出会いとは不思議なもので、ちょっとの間だけど親友のようになれました。

エミリもずっと泊まってていいよと言ってくれて、実はもっと居たかったけど、このままずっといたら自転車をこぐ気がしなくなってしまうと思い、後ろ髪を引かれる思いでヴァルナを後にしました。

そしてヴァルナから2日間走りついたのがNesebarというまたもや世界遺産の町。

場所

大きな地図で見る

奥が旧市街。細い、陸地で奥の島に繋がっています。
R1018248[1]

さすがに12月なので、殆どの店が閉まっていてやや寂しい感じですが、静かな町も良いものです。
R1018261[1]

しかし、この辺りのエリア開発がすごいのです。旧市街を除いて10キロほどの黒海沿岸エリアがほぼ新しいラグジュアリーホテルや、リゾートマンションで埋められているのです。この光景を見たときは今までのやや貧しい感じのブルガリアから、急にフロリダかどこかに来たみたいでした。でも、最近の景気悪化の影響か「For Sale」の看板が多かったのも事実。(ちなみに、リゾートマンション分譲が35000ユーロでした。安い!!)

こんな景色が黒海沿いずっと続きます。本当に違う国に入ったのかと思って焦りました。
R1018243[1]

そんなこんなの数日でした。着実にイスタンブールに近づいています。ねこやん、ちゃんと着くから心配しないでね。

マニア
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kuyamania.blog58.fc2.com/tb.php/103-08141b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。