C'EST LA VIE
夫婦二人気ままなヨーロッパ自転車旅行記
プロフィール

リットンマニア

Author:リットンマニア
結婚して3年、行けなかった新婚旅行が自転車でヨーロッパ、そしてバックパックでアフリカを回る旅になりました。ちなみに2人とも初自転車旅行&初長期旅行!どうなることやら。。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1章おわり The end of chapter1
ハンガリーを自転車で爆走中のマニアです。

タイトル通り、明日でこの旅の第1章が終わります。

勝手に作った区切りですが、旅を始めてほぼ3ヶ月。そして、初めて以前書いたシェンゲン条約国以外の国に出るという点。総合して、一つの区切りかなーと。

たった3ヶ月の間だったけど、本当にいろんなことがありました。

ひょんなことから乗ってしまった豪華客船(Hurtiegruten)。R子の自転車のタイヤがバーストして50km歩くはめになったと思ったこと。そして、感動のノールカップ到達。

フィンランドでは仲良くなった人たちとの交流。バルト三国では東欧の雰囲気にやや戸惑いながらも、ビールが安くて飲みまくり。

そして、バスで行ったクラクフとブダペスト。どちらも本当に素敵な街でした。

と、文字で書けばさらっとなってしまいますが、ブログに書かないような2人の喧嘩や仲直りの繰り返しなどいろいろありました。

でも、すべてが東京でサラリーマンをしていたら得られなかったものばかり。この旅に理解を示してくれた皆さんにはただ感謝するばかりです。

となんだか、旅のフィナーレの雰囲気ですが、まだ旅は1/4が終わっただけ。これからどこで何があるかは全く分かりません。

ちょっと日本が恋しいときもあるけど、「2人はいまだとっても元気です!」と魔女の宅急便みたいなことも言ってみたくなったりもします。

で、昨日行った場所に話を移すと、

下の写真の場所に行きました。
R1016241[1]

10月にもなって、人々が池で泳いでいます。

それほど気温が暑いかというとそうでもなく、池が温かいのです。

そう、温泉湖。大体外で、33度ほど。建物の中の源泉に近い辺りは40度近くあります。

夏はもちろん、冬でも入れるらしいです。ただ、水温が20度台になるらしく、相当寒いと思いますが。

あと、ここは水深がかなり深く、みんな浮き輪で泳いでいます。

下の彼のように。
R1016248[1]

建物内部。内部といっても、池に乗っているだけの建物なので、水の部分は池の一部。水深もかなり深く、足は全く届きません。
R1016238[1]

この池がある場所は、ヘーヴィーズ(Hevis)

大きな地図で見る

いよいよ明日は、9カ国目クロアチアに入国予定です。

マニア
スポンサーサイト
桃太郎ラーメン
久しぶりにwi-fiが使える宿に泊まり連日の更新です。

ところで、最近人生最高にヒゲを伸ばし、自分のヒゲ&モミアゲの赤毛の多さに驚いています。ざっと見た感じ、3、4本に1本は赤毛です。このままでは赤ひげ危機一髪です。

ブログのネタがない訳ではないですが、ブダペストでの一こま。

最近いよいよ日本食がやや恋しくなってきた気がしていたときに、下の看板を発見しました。

「ももたろうラーメン」
R1015984[1]

岡山県人のためにあるようなネーミングのラーメン屋。インスタント以外のラーメンを欲していた僕らはすかさず入りました。

中に入ってメニューを見るとやたら中華多し。あやしいと思いつつ定番そうな「ももたろうラーメン」を注文したところ、やはり予感的中。全く日本の期待していたラーメンとは似ても似つかないものでした。

まー水餃子とかはおいしかったですが。

「地球の歩き方」を良く見ると、なんと中華料理にカテゴライズされていてまたショック。

やっぱり、変に日本食食べるより地元料理を、地元民にレストランを聞いて食べるのが一番おいしいと感じる今日この頃です。

でも、白いご飯に味噌汁、焼き塩鮭と漬物は食べたい・・・カナ。

明日から、バラトン湖を目指します。ヨーロッパでも屈指の大きな湖だそうです。

ここは夏はドイツ語圏から多くの観光客が来る場所のようです。ちなみにハンガリーは地方はほぼ英語が通じず、ドイツ語かロシア語ができたほうがいい様です。

バラトン湖

大きな地図で見る

マニア
ワイン大国 Hungarian wine
現在ハンガリーの田舎をひた走っているマニアです。

ハンガリーの田舎を走っていて感じたことは、まず、やはりリトアニアなどにくらべて格段に道が整備されていること。すこしメインの道を外れてすぐダートなんてことはハンガリーではありません。

また、自転車(歩行者)にたいしてドライバーが優しいこと。これは北欧などでも感じたことですが、自転車が道の脇を走っていたら、かなりの確立でちゃんとウインカーを出しかなり幅を空けて避けてくれる。また、信号のない横断歩道で待っていても、歩行者優先でちゃんと止まってくれるなど。その点では、日本のドライバーはバルト三国レベルです。

あと、田舎に行くとワイン用のぶどう畑が広がっています。南仏でも見たような風景。やはり乾燥して暖かい場所ではワインが作られるのですかね?

今までビールばっかり飲んでたけど、ワインもいろいろ試してみたいと思います。

ここ2日間曇りのち晴れの天気で、かなりの向かい風でした。明日は風なしを願うのみです。

ハンガリーのブドウ畑
R1016155[1]


あと、クラクフでツアーカートに乗ったときの動画を載せておきます。結構な迫力ですよ。
[高画質で再生]

Tour cart in Krakow [専用サーバー]

マニア
Buda-Pest
みなさん、秋も深まってきましたがいかがお過ごしですか?

僕らは26日からブダペストにいました。

あいにくホステルでWi-fi接続不能だったためブログ更新できなかったです。今、カフェで更新中。

さて、ブダペストですが、やはり噂通り夜景がとてつもなくロマンチックな町でした。

そして、この時期でも観光客でどこもごった返し。日本人もどこでも歩きまわってる感じです。

ブダペストはBudaとPestが一緒になったからBudapestらしいです。ドナウ川の西がBuda東がPest150年前くらいに橋で結ばれ一つの町になったようです。豆知識。

気温ですが、ここ2日ほどすごく暑いんです。30度近くあり、この旅一番の暑さと感じるほどです。

ハンガリーもブダペストだけしか見てませんが、バルト三国で見られたような明らかな共産主義時代の雰囲気は全くもってなく、ほとんど西欧の雰囲気です。ただ、あんまりクレジットカードが使えないのが難点。

ブダペストの夜景
R1016099[1]
最初にBudaとPestを結んだ橋である、くさり(鎖)橋。
R1016095[1]
国会議事堂

バスがドナウ川を泳いでいました。
R1016002[1]

そして、ハンガリーで有名なのが温泉。日本の温泉とは雰囲気が全く違い、ぬるめのお湯(38度)のプールと言った感じ。ただぬるいからずっと入っているとかなり体力消費します。

昨日行った場所は建物時代がアールヌーボーで非常に美しいです。
R1016135[1]

これから、クロアチア方面に久方ぶりに自転車をこぎます。目指すはアドリア海。もう寒くて海にはさすがに入れないでしょうが。

では、皆さんもインフルエンザとか気をつけてくださいね。

マニア




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。