C'EST LA VIE
夫婦二人気ままなヨーロッパ自転車旅行記
プロフィール

リットンマニア

Author:リットンマニア
結婚して3年、行けなかった新婚旅行が自転車でヨーロッパ、そしてバックパックでアフリカを回る旅になりました。ちなみに2人とも初自転車旅行&初長期旅行!どうなることやら。。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバニア回顧録 More Albania
お久しぶりです。アドリア海沿岸にて、雨を浴びすぎたため体までカビが生えそうなマニアです。

ところで、旅の進捗ですが、現在マケドニアのOhridという内陸の大きな湖沿いの古い街におります。

アルバニアでの体験が余りに刺激的だったので、マケドニアに入り腑抜けになっております。。

まず、アルバニアに入る前のモンテネグロの海沿いの写真をどうぞ。

Sveti Stefanという古い島の町全部がラグジュアリーホテルになった場所です。英国王室やハリウッドスターなども来るそうです。なので、宿泊客以外は島に立ち入れないとのこと。
R1017509[1]

Stari Barという町全体が廃墟になった場所。1850年くらいまで他の古い街同様城壁に囲まれた美しい場所だったようです。
R1017542[1]

モンテネグロはあまり開発が進んでいないと以前書きましたが、やはりビーチ沿いは巨大リゾートホテルや、コンドミニアムなどが立ち並び、やや違和感を持ちました。夏はすごい賑わいなのかなぁ。

そして、アルバニア。

入ってすぐはモンテネグロと雰囲気の違いを感じませんでしたが、最初の大きな街、Shkodraという街に着いたらすぐに今までとは全く違う雰囲気の国だと気がつきました。

それは、すべてが混沌としているという感じで、スラム街も有り、道には馬車やロバとか普通に走っていて、片側3車線ある道が2車線路上駐車で埋まっているし、とにかく急に発展途上国に来た感じがしました。メインの道を走ってて、うしろから蹄の音がパカパッパカパッパカと聞こえたときにはかな~りびっくりでした!!

その晩泊まった部屋も、見るからに共産主義時代の建物そのままで、安い部屋(1000円ほど)にしたら共有のトイレはあるがシャワーそのものがなかったり、水道の水も「今出ません。」と言われるし。まーすべてがどういうこっちゃって感じです。

泊まった部屋。
R1017550[1]

朝やたらクラクションがうるさくて窓の外をみると、またしてもカオス。
R1017556[1]
とにかくアルバニアは運転している人が常にクラクションをならしています。まず田舎では知り合いを見つければクラクション。クラクションでコミュニケーション。曲がり角にて対向車に知らせるためにクラクション。流れていてもなぜかクラクション。そして都市では、自転車も歩行者も車もごったがえしで、常にクラクション。信号にて少しでも出遅れると、すぐにクラクション「早く行け!!」。住宅街でもクラクション鳴りまくりなので、朝はクラクションで目が覚めます。

そして、次の日。LonlyPlanetに載っていた田舎のホテルに行きましたが、そこがまた驚き。

お化けが出そうな木造のホテルで、なんと夜、滝のような雨が降り、結果雨漏り。しかも5、6箇所から駄々漏れで、他の客も、管理人も誰もおらず、最終的に雷が近くに落ちて停電。雨漏りは初体験だったのだけれど、なべを置くと相当うるさいんですね!!ドリフのコントを思い出しました。全く眠れませんでした。

雨漏りを古典的な方法で対処している様子。瓶とかコップだとあまり音が響かない。
R1017561[1]

3日目はさすがに近代的なホテルを見つけ快適に泊まれました。この間ずっと豪雨。でも、宿泊場所も不穏な場所ばかりで進むしかなったのです。
R1017565[1]

首都のTiranaではホステルに泊まり、久しぶりに英語が通じる世界へ。バックパッカーも一杯居て楽しいひと時を過ごしました。

最近特に思うのですが、バスで首都や観光地だけを周っていたのではその国の薄皮一枚くらいしか分からないと言うこと。バスからの風景と、自転車でこいでいる道は一緒でも、本当ににおいとか雰囲気とか感じ方が全然違うと思います。ただ、天気は問題ですが。。

あ、あとアルバニアはメルセデスベンツが以上に多いです。地方では走っている車ほとんどベンツです。本当です。上のほうの、ロータリーの写真も良く見るとベンツばかりのはず。
R1017557[1]

丈夫なのと、世界中で盗まれたベンツがこの国で取引とかされたからのようです。

というわけで、アルバニアでかなりタフになった2人でした。

マケドニアでのappartmentタイプの宿がかなり快適で安いので数日ここに長居しようと思っています。wi-fiも使えるし!!

マニア

スポンサーサイト
Albania
Hello. Now we are in Tirana, the capital city of Albania.

Because we haven't been able to connect wi-fi, sorry for written in English.

We are travelling in Albania without critical issues except RAIN everyday. Actually, we had very interesting experiences and will be written here also buch of pictures! later in Japanese.

Anyway, tomorrow we'll leave to Macedonia, 13th countries in our travel. We hope weather will be nicer there.

MANIA




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。