C'EST LA VIE
夫婦二人気ままなヨーロッパ自転車旅行記
プロフィール

リットンマニア

Author:リットンマニア
結婚して3年、行けなかった新婚旅行が自転車でヨーロッパ、そしてバックパックでアフリカを回る旅になりました。ちなみに2人とも初自転車旅行&初長期旅行!どうなることやら。。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖の現場 More photos at the Bunji in SA
さて、帰国して落ち着いてきたのでちょっとずつだが、持って帰った荷物の荷をほどきつつある。

そんな中で発掘されたのが、南アフリカでの「世界一の高さのバンジー」の貴重な画像。すっかり忘れていたのだが、スタッフが撮ったものを有料でCDに焼いてもらっていたのだ。(6/18の記事参照

ジャンプをした橋。今見てもあの時の記憶がよみがえる。
IMG_2552.jpg

そして、一番見せたかった写真が実はコレ。ジャンプをするまでの場所に行くまでの道のりが、200m下まで丸見えのスケスケ構造。ここを若い連中はジャンプしたり走ったりしたりしていて、本当に「勘弁してよ!」状態だった。
IMG_2651.jpg

飛ぶ前の待ってる間の様子。何をしているのか分からないけど、今から見るとなんだか祈りをしている見たい。実際、足の縛り具合がやや緩く感じて心配をしていたのだ。侍ブルーを着ているが、侍にはなれきらなかった!
IMG_3268.jpg

そして、ジャンプの場所へ。ここが一番怖い!しかも、準備をできているかも聞かれずいきなりカウントダウン、「5,4,3,2,1......」
IMG_3272.jpg

JUMP!!!!!
IMG_3273.jpg

ジャンプ中は結構楽しい。
IMG_3276.jpg

何度かバウンスしたのち、スタッフが回収。結構この上がっていく時が意外と冷静になっているので怖い。
IMG_3282.jpg

戻ってきて、満面の笑み。やり遂げた感はかなりあったが、こんな高いバンジーはもういいかなとも思った。
IMG_3286.jpg


皆さんも南アフリカを訪れる際は、是非ジャンプしてみてください。
Logo.jpg


南アフリカでの1場面でした。また、旅行中の面白写真&動画が見つかり次第、ここに載せます。

マニア
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

未公開動画
未公開動画。


マニアが挑戦、乗ダチョウの様子。鳥に乗れるってすげー。



世界一のバンジージャンプ挑戦の様子。頭を横にしてご覧ください。


マニア

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

世界一の高さから  From the world highest
更新できなかった間の旅行記、第2弾。レソトより更に1週間くらい前の話。


ここ最近でしたことと言えば、まずビクトリアの滝でゴージスゥイングで懲りずに(ビクトリアの滝のブログ参照)、バンジージャンプをした。

しかも、世界一の高さから。。

そんな高いところとか、絶叫系が大好きと言うわけではないが、「まー世界一ならやってみるかー。」という乗りでみんなの前でやるって言ってしまったので、引くに引けなくなってしまったのである。

一緒に飛ぶオーバーランドの仲間と生前最後の記念撮影。
IMG_7494.jpg


これがその問題の渓谷とジャンプする橋。橋から下の川まで216m。多分高いのとか駄目な人はこの渓谷を見ただけで鳥肌たつかも。
IMG_7495.jpg

この挑戦?で一番恐かったのは、ジャンプ場へ行くまでだった。写真は無いが、200m下が見えるシースルーのメッシュの網の上を歩いて橋の中央まで行くのである。見たくないけど、ついつい下を見てしまう。。。

日本を代表して、ジャパンのユニフォームで現れたマニア。そしてついに。。
IMG_7519.jpg

ジャーンプ!!ジャンプの瞬間は後日動画で!
IMG_7522.jpg

とにかく、ゴージスィングと一緒で落ちるのはあっという間。しかし、バンジーはゴムなので、また上に上っていき2度、3度目の落下がある。実はその再度の落下があるのをすっかり忘れていたので、そっちのほうがどちらかと言うと恐かった。

結構楽しめたが、まー何度もやらなくていいと思った。だから、1度きりを世界一の高さから飛べてよかった。本当に世界一の高さはマカオタワーからのジャンプと言う噂もあるが。。


その後も、旅は続き、

海沿いをトレッキングしたり、
IMG_7605.jpg
意外とハードなトレッキングで3時間みっちり岩を登ったりしたので、30を越えた僕らには結構堪えた。

こんな素敵なくつろぎエリアがあるキャンプ場に泊まったり、
IMG_7616.jpg
ここはAddo国立公園近くのキャンプ場。キャンプのほかにも普通のドミトリーの部屋もあり。

そこのキャンプ場の似ても似つかない犬の兄弟と遊んでみたり、
IMG_7633.jpg


またしても、サファリをして、象の大群の中の赤ちゃん象がかわいかったり、
IMG_7731.jpg


初めて見るミーヤキャットに警戒されたり、
IMG_7757.jpg


そんなこんなの毎日でした。


そして、このトラックの旅も残り少しとなり、最後の国境越えをして、南アフリカの中に島のように浮かぶ国、レソトへ入国した。

マニア

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

勝ったぞーー!! ワールドカップ日本代表  We won!!!!
ちょっと遅くなりましたが、勝ったぞーーーーーーー!!!
IMG_8521.jpg

最大の勝因は誰かもコメントくれていたように、「神様」が会場に応援に行ったからだと思われます。

内容は皆さんTVでご覧の通りで、スタジアムの雰囲気はほぼアウェーの中、冷静にゴールを決めた本田にはとにかくしびれました。感動をありがとうと言いたい!!

試合前の様子。

選手入場のあと、ブルーの巨大ユニフォームが観客席に広がった時はさすがに鳥肌がたった。
IMG_8501.jpg

トゥーリオの提案で国歌斉唱の時、肩を組む日本代表。
IMG_8502.jpg

そして、最後の10分。押されまくりで、辛かったが遂に守りきった!!
IMG_8522.jpg


試合前の、街中お祭り騒ぎの様子。

カメルーンサポーターと。みんないい奴ばっかりだった。でもこの時はまさか日本に負けるなんて思っていなかっただろう。
IMG_8416.jpg

更にカメルーンサポーターと日本サポーター。左上で国旗を持っているのは、ブルガリアのHostel Mostelで出会ったことがある、Kさん(ブログをリンクさせていただきました)。ガクさん!南米でもKさんに会ったそうですね!!彼は世界150カ国制覇済みだそう。すごい!
IMG_8418.jpg

わけの分からん日本サポーター達。ハイテンション振りがすごかった。
IMG_8437.jpg

R子もスタジアム近くのショッピングモールで国旗のフェイスペイントをしてもらう。日本の国旗は楽だが、ポルトガルとかの国旗はめんどくさくて嫌になるらしい。。
IMG_8435.jpg


試合後の祝勝会。

日本人が通るたびにNipponコールがかかり、皆で祝勝パーティ!かなり寒かったが、勝ったからそんなのお構い無しの、オープンテラス。勝てばなんでもいいんです!
IMG_8543.jpg

と言う感じの、僕らの初ワールドカップ観戦だった。とにかく、ワールドカップは試合だけでなく、試合前や後のお祭りのような雰囲気を味わうだけでも開催国に来る意味ありだと思う。チケットも、売り切れでも絶対誰かが多く持ってたりするし、今からでも遅くない!集えジャパンサポーター。


あと、ラップトップですが、長い格闘の末ついに完全復活を果たしました。今まで更新できなかった分と、これから残り少ない旅の続きはびしばし更新していく予定なので、よろしく!!

マニア

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ワールドカップ2010 World Cup 2010
僕らのラップトップがウィルスに感染したらしく、長らく更新できませんでしたが、2人ともめっちゃ元気にしております。

2ヵ月半続いたトラックでの旅も今朝、ここヨハネスブルグで終了しました。

いろいろここで見せたい写真とかいっぱいあるけど、まだPCの調子がいまいちなので更新はしばらくお待ちください。

明日、ワールドカップの日本の初戦があるブルームフォンテンに向かいます。NIPPON!!!


マニア

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。